プロローグ

ヒトは、どこから来て、どこに行く存在なのでしょうか。

肉体で云えば、ヒトの肉体のサイクルは、地球から生まれ、やがて地球に還ってゆくものです。

それでは、私達の精神は、どうなのでしょうか。

精神とは、昔から魂や霊、霊魂と呼ばれていたものです。

これら、ヒトの本体といえる魂は、不変の存在で、ヒトの死とは、肉体から魂の離脱に過ぎません。ヒトの魂には、帰るところがあり、この世界に生まれる前には、ヒトは皆、その世界に居たと云えます。

この様な、ヒトは、いったい何者で、どこから来て、やがて何処に帰って行く存在なのかという知識を持っていた時代もありました。つまり、このような認識が当たり前の人々が創り上げた社会もこの世界には過去に存在していたということです。

そして、私達は、そういった時代を経て、現在、この様な「ヒトは、何者であるか」の知識を一切捨てた社会に生きています。なぜ、そうなったかといえば、そういった知識を捨てなければ決して体験出来ない経験や感情、認識があり、また、自分自身がいったいどういった存在であるかを明確に理解したかったからです。

現代の社会は、目に見えない世界の実相を否定し、目に見えない世界の存在など無いものとして出来上がっています。私たちが学び身につけている知識や常識、価値観や社会を構成する様々なシステムも、全てが死んだら終わりという認識を前提に成り立っているのです。

しかし、私達、ヒトが創り上げることが出来る社会とは、このような一辺倒のものではなく、目に見えない世界が存在することを前提とした社会も、この地球上に創り上げることが出来るのです。その様な社会は、現代の社会とは、全く異なった常識や価値観をもった世界になります。

更に、現代の様な「目に見えない世界の実相」を無いものとしながら新たな価値や文化を進歩発展させた経験を持った人々は、過去に無いような、ユニークでおもしろく、また、ヒトの可能性を最大限に発揮させることが出来る様な新たな文明を作り出す可能性を秘めていると言えます。

このサイトは、ヒトがもう一度原点に立ち返り、現代の社会が持つ価値と自分自身がどういう存在であるかを理解し、全てを許容しながら、新たなる世界を創造するヒントを提供する目的で作られました。

全ての創造の源は、ヒトのイマジネーション、想像から出発しています。思い描くことが出来ない世界は、決して実現することはありません。

これから私たちが創り出してゆく世界は、どのような世界になってゆくのでしょうか。人々の無限の創造性と可能性をこれからも見てゆきたいです。



コメントは受け付けていません